ごあいさつ

お知らせ♪

2019-10-03 08:09:00

 

 

私がこの整体を始めた頃にはすでに、患部が医学的に完治してもなおも痛みが続くという現象は話題になっていて、それを取り除く方法が模索されてた。

 

慢性症状は、患部の未回復以外に、脳に刻まれた痛みの記憶が再現されて症状を起こすことがあるのではないか…  その割合は多いのではないかという予測をたてていた。

 

それが昨日のNHKの「ためしてガッテン」でテーマとなりその実情とメカニズムの一端が公開されたことはとても意義深い。医学的にあり得るということが表現されたことは、痛みからの解放への大きな前進だと思っています。

 

心… 「感情」がキーポイントになるという。

 

 

医者に行きあらゆる検査をしても異常がありませんと言われて困ってる方をよく見かけます。

 

これは発症した時に、症状や痛みに対して、その人が感情的にどのように受けとめ、どう認識して過ごすのかによって、痛みが続くのか消えるのかが左右されるという。 

 

当院においても、長年慢性痛のある方が、その痛みへの認識を変えてもらった事で、一瞬で痛みが消えたという事例を目にしてきましたので、大いに理解できることであります。

 

改善法がこの切り口から更に開発されていくことを切に願っています。