ごあいさつ

お知らせ♪

2020-10-12 10:42:00

 

気温が下がったこの時期にも、小まめな水分補給が必要です。

 

●水分が足りないと、血液がネバネバになり循環に差し障りが出ます。それが様々な問題を起こします。

●水分が足りないと、便からも水分を吸い取り、便が硬くなり、便秘にもつながります。

●水分が足りないと、排尿を通して毒素や老廃物を出しづらくなり、体液の浄化が遅れます。

●水分が足りないと、エネルギー不足の際に脂肪を分解して消費するプロセスがしずらくなります。痩せにくくなるということです。

●水分が足りないと、運動量が増えた時に発汗して体を冷やしずらくなります。

その他にも沢山問題が出てきます。

 

まずは、水分をあまり摂っていない、トイレに殆ど行かないなど、排尿が少ない方は、喉が渇かなくても小まめに水を飲みましょう。

こまめに飲み始めると、体は「あっ必要な水分が入ってくるようになった! では本来あるべき状態、働き方へ戻すよう命じよう」となり、段々と水分を小まめに飲むことに抵抗が無くなってゆきますし、逆にこれを機に、水分を取るよう催促のシグナルを出し始めます。

 

結果として尿がよく出るようになりますが、これをわずらいと思わずに、体の浄化が促されていると感謝してほしいのです。通常は水分量が多ければ尿で出ますので支障はありませんが、塩分を沢山摂る人は、体液を薄めようと飲んだ水分を溜め込みやすくなりますので、塩分の取り過ぎは控えてください。

 

但し、腎臓など泌尿器系に問題がある方や、幾ら水分を摂っても尿が出ないという方は注意が必要です。